スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -

『黄色い月 〜レイラとリーのバラッド〜』観劇
 まったく同じ俳優が、日に二本の異なる演目を演じる。
『黄色い月』と『宮殿のモンスター』。

こういう場合、観客は多少無理してでも、やはり一日にまとめて観に行くのに限る。
この試みそのものが、ひとつの演目なんだから。


Read more ?

Posted by 松山 立 at 17:21 | 劇評 | comments(0) | trackbacks(0)

多摩美術大学 映像演劇学科 「表現1、表現2」 企画発表会
多摩美術大学映像演劇学科に通う学生たちの発表会です。

■日程 7月23日(月)、24日(火)
■時間 11:30〜21:30
■場所 多摩美術大学上野毛キャンパス
   ※東急大井町線「上野毛」駅徒歩3分
■料金 すべて無料

ヒヨっ子どもが奮闘しておりますので、若さとは何かを忘れてしまった大人は、ぜひ。

生意気にホームページもございます↓
http://tamabisenden.web.fc2.com/

ホームページの存在を5分ほど前に知りまして、せっかくなのでご紹介いたします。
知るのが遅いよね、どう考えても。

Posted by 松山 立 at 01:07 | 活動のお知らせ | comments(0) | trackbacks(0)

道化の赤い鼻
3年ほど前、1年ちょっとの間だけイギリスに留学していたことがある。
East15 Acting Schoolという演劇学校の修士コースで演技の勉強をしていた。

日本の大学でイギリス演劇の俳優トレーニングを勉強していたこともあり、
演劇の本場で俳優として修業を積みたい気持ちが強かったこともあり、
あと、イギリスいきゃあなんとかなるんじゃねえのと思っていたフシもあり、

ともかく行ってみた。

向こうでの様子はまた改めてくわしく振り返るが、
授業の中で「道化のワークショップ」というものがあった。

道化のプロがやってきた。
Read more ?

Posted by 松山 立 at 01:20 | 演技論 | comments(0) | trackbacks(0)

第37回『本読み会・サローヤン』のお知らせ
 ご存知、『本読み会』でございます。次回開催のお知らせです。

『おーい、救けてくれ!』でおなじみ、ウィリアム・サローヤンの『わが心草原に』を共に読みましょう。

9月16日(日) 13:00〜17:00 @千代田区某所にて

詳細はこちら↓

Posted by 松山 立 at 01:32 | 活動のお知らせ | comments(0) | trackbacks(0)

第36回『本読み会・ブレヒト』レポート
学生時代から主催している戯曲の読書会。ご存知『本読み会』です。
先週日曜日にブレヒトの『ゼチュアンの善人』を読みました。

Posted by 松山 立 at 22:20 | - | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Recent Entries

Categories

Links

Archives

Recent Comments

Profile