スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -

演劇における新職種の提案
諸君!長引く不況がなんだというのだ!
演劇界はそれ以上に長い不況の下で野放しにされている。
そんな貧困にあえぐデフォルト貧乏演劇界に、新しいポジションの職業を提案。

ファイナンシャル・コンサルタントとしてその名を欲しいままにしていきますのでね。



名付けて「観客鑑定士」あるいは「オーディエンス・ドクター」
上演中、舞台の様子ではなく、観客の様子を専門に見る人間を置くのだ。


観客鑑定士は、「どこでウケた」「ここがすべった」などという次元の低い観察をするのではない。まず、観客席のどこにどんな人間がいるのか?観客を個人として、同時に集団心理として観察する。リアルタイムで舞台の進行と観客の進行を把握することで、舞台と客席をひとつのタイムラインに落とし込んでいく。

たとえはっきりしたリアクションがなくても観客は常にうごめいているもので、俳優は舞台上からそれをひしひしと感じ、一喜一憂して良くなったりダメになったりしている。しかしながら、俳優としての視線、あるいは演出家としての視線では、その評価があまりにも身勝手な解釈になる危険性を孕んでしまう。

一方で、観客鑑定士は上演する団体の一員ではないため、観客の様子に対して利害関係を背負わない。より客観的で冷静な立場に身を置く必要がある。まったくのフリーか、もしくは劇場所属にするのが理想的だろうか。できうれば一公演につき、3〜5名の観客鑑定士を置いて多角的に観客を観察、それぞれを擦り合わせて雇い主に報告する。 

これまで、観客の様子を見られるのは俳優の特権だった。
もちろん、演出家を始めスタッフなども客席の様子を気にはしてきただろうが、やはりどちらかといえば視線が舞台寄りだったはずだ。
しかし、演劇は「みる」と「みられる」が同時に行なわれる場所に発生する。
観客鑑定士は、「みる」側を相手とする職業で、あえてややこしい言い方をすれば、「みる」人を「みる」ことによって「みる」側の質を向上させていくことを究極の目的とする。


これ、特に商業演劇にはわりと需要があると思うのだが、どうだろう?

ちなみに、
「みる」人を「みる」側から操作するのが「サクラ」という職業ですね。 

Posted by 松山 立 at 14:02 | - | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 14:02 | - | - | -

コメント
この規模の舞台なら観られてるかもって思ったら緊張するかもw
でも、ほんと舞台の場合終わった後、演出家とか出演者のツイッターとかブログとかみても「個人的な反省点はいくつかあるけど、沢山のお客様に観ていただき、凄く感謝しています!!反応も上々だったようで一安心!次は○月!今回の反省を生かして頑張ります!!やるぞー!!」に要約されるのが大概 で、【千秋楽終える=成功】って感じの認識に、うーんてなることが多い。
てか、作品性を叩かれる場が極めて少ないよね演劇って。後日の感想って絶賛も批判も繕われた言葉で語られるし。理屈で語られるというか。
そういう意味では観客のリアルタイムの反応を見る人って素晴らしいと思うけど、その人の能力を成長させる術がないかも??

ほそい | 2012/07/27 02:44


はじめてコメントさせていただきます。観る側の質の向上のためのオーディエンスドクターというポジションは面白い考えですね。ボクも俳優という立場から演劇というものに携わってきましたが、多くの舞台でアンケートというものを終演後に回収しますが、面白くないとおもった舞台に関してのコメントをわざわざ書く律儀な一般のお客様なんてそういないですし、内容がどうあれ商業的になればなるほど、この俳優が見れればそれでオッケーっていうスタンスのお客様も少なからずいますから、そういう意味で演劇というものを相対的に評価するレベルが低下しているというのは否めない状況だと思います。
ただ、オーディエンスドクターのためにお金を払ってまで演劇の質を向上させようとしているカンパニーが今どれほどあるのか、ということの方が疑問ではあります。

鋼鉄 | 2012/07/27 10:49


コメントする






この記事のトラックバックURL
http://matsuyamaryu.jugem.jp/trackback/31
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Recent Entries

Categories

Links

Archives

Recent Comments

Profile