スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -

頭のてっぺんからつま先まで
人は、平常時にはたくさんの建前や鎧に行く手を塞がれて、本当のことから自ら遠ざかっていくものです。

真実を語ることができるのは、狂気に陥っているときだけなのかもしれません。

しかし、真実を語っているとき、人はそのことに気づかない。

真実に触れ、なおかつ触れた真実の手ざわりを確かめたいと願う。そんなとき人にできることは、狂気を装う以外にないのかもしれません。

真実に触れ、気が触れる。

先日『リア王』を観て、そんなことを考えました。

Posted by 松山 立 at 20:00 | ロンドン紀行 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 20:00 | - | - | -

コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://matsuyamaryu.jugem.jp/trackback/129
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Recent Entries

Categories

Links

Archives

Recent Comments

Profile