スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -

『演劇の課題2』発売しました!
評価:
『演劇の課題』編集委員会
三恵社
¥ 2,160
(2015-05-30)

稀代の最強演劇論文集、『演劇の課題2』がついに三恵社より発売しました。

昨日から何軒か本屋を巡ってみるものの、どこにも見当たりません。
きっと徹夜組がイナゴのように買い漁ってしまったのでしょう。
Amazonもアクセスが集中し、サーバーがダウン寸前のようです。
試しにコンセントを入れたら繋がったので、もしかするとそれが原因かもしれません。

『演劇の課題2』は、5つのカテゴリーから成る論文集です。
すなわち、「劇場」、「演技と上演、」「作家と作品」、「演劇研究と資料」、「演劇の記憶」。
全ページ写真に撮ってアップしちゃおうかとも思ったのですが、執筆者自ら逮捕されるとまずいので、目次だけご紹介します。

 

まえがき

劇場
ヴィチェンツア、サッビオネータ、パルマー北イタリアの劇場都市をめぐるー  福島勝則

演技と上演
研究ノート ロシアにおけるデルサルト・システム  武田清
レパートリー・シアター・ムーブメントの発生  藤岡亜由未
演技が起こる前にーニュートラル・マスクと俳優の身体ー  松山立
A.W.イフラントが目指した舞台づくりー視覚的要素の問題を中心にー  新沼智之

作家と作品
宮本研のドラマトゥルギーの転換ー『明治の柩』から『美しきものの伝説』へー  土屋康範
岩田豊雄の一九六三年・其の一  井上優

演劇研究と資料
演劇写真研究の泰斗・安部豊の仕事ーその成果と活用をめぐってー  村島彩加

演劇の記憶
「多摩芸術学園」の思い出  神山彰
随想・「演劇の課題」とは?  佐藤正紀

あとがき
執筆者紹介


初心者を全く無視したハードボイルドなラインナップです。
梅雨はなかなかお出かけできません。家内のお楽しみに、一冊いかがですか?

 
JUGEMテーマ:本の紹介


 

Posted by 松山 立 at 13:13 | | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 13:13 | - | - | -

コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://matsuyamaryu.jugem.jp/trackback/119
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Recent Entries

Categories

Links

Archives

Recent Comments

Profile