スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -

『演劇の課題2』発売しました!
評価:
『演劇の課題』編集委員会
三恵社
¥ 2,160
(2015-05-30)

稀代の最強演劇論文集、『演劇の課題2』がついに三恵社より発売しました。

昨日から何軒か本屋を巡ってみるものの、どこにも見当たりません。
きっと徹夜組がイナゴのように買い漁ってしまったのでしょう。
Amazonもアクセスが集中し、サーバーがダウン寸前のようです。
試しにコンセントを入れたら繋がったので、もしかするとそれが原因かもしれません。

『演劇の課題2』は、5つのカテゴリーから成る論文集です。
すなわち、「劇場」、「演技と上演、」「作家と作品」、「演劇研究と資料」、「演劇の記憶」。
全ページ写真に撮ってアップしちゃおうかとも思ったのですが、執筆者自ら逮捕されるとまずいので、目次だけご紹介します。

 

まえがき

劇場
ヴィチェンツア、サッビオネータ、パルマー北イタリアの劇場都市をめぐるー  福島勝則

演技と上演
研究ノート ロシアにおけるデルサルト・システム  武田清
レパートリー・シアター・ムーブメントの発生  藤岡亜由未
演技が起こる前にーニュートラル・マスクと俳優の身体ー  松山立
A.W.イフラントが目指した舞台づくりー視覚的要素の問題を中心にー  新沼智之

作家と作品
宮本研のドラマトゥルギーの転換ー『明治の柩』から『美しきものの伝説』へー  土屋康範
岩田豊雄の一九六三年・其の一  井上優

演劇研究と資料
演劇写真研究の泰斗・安部豊の仕事ーその成果と活用をめぐってー  村島彩加

演劇の記憶
「多摩芸術学園」の思い出  神山彰
随想・「演劇の課題」とは?  佐藤正紀

あとがき
執筆者紹介


初心者を全く無視したハードボイルドなラインナップです。
梅雨はなかなかお出かけできません。家内のお楽しみに、一冊いかがですか?

 
JUGEMテーマ:本の紹介


 

Posted by 松山 立 at 13:13 | | comments(0) | trackbacks(0)

『演劇の課題2』とは?
評価:
佐藤正紀教授退職記念論集刊行委員会
三恵社
¥ 2,160
(2011-03-31)

今日も今日とて、金か食い物は落ちてないかと街を徘徊していると、
やはり民衆の声が聞こえますね。

「おい、『演劇の課題2』が出るらしいぞ!」
「えっ、本当?じゃあ、あたしパパに買ってもらったマンション売ってお金作らなきゃ!」
「俺はホルムズ海峡でタンカー待ち伏せして、石油盗んで売ってくるよ!」

というようなシュプレヒコールが。


そもそも、『演劇の課題2』とは何か?
2ってことは、1があったのか?

今さらとは思いますが、万が一知らない方のために。
たまたま狼に育てられて、本とは縁のない人生を歩んできたんです、という方のために。

2011年、『佐藤正紀教務退職記念論集 演劇の課題』という稀代の名著が誕生しました。
その名の通り、明治大学文学部教授の佐藤正紀先生が退職するにあたって刊行された、古今東西あらゆる角度から演劇にメスを入れる骨太な論文集です。

佐藤先生は、学生時代の恩師。二言目には「演劇は、戯曲を上演すること」と言って聞かない紳士でした。
私が曲がりなりにも演劇を続けているのは、先生の「10年続ければ食えるようになる」という名言によるところが非常に大きい。
先生におかれましては、私のような出来の悪い弟子を持って、さぞご不幸かと存じます。


今回出版される『演劇の課題2』は、その続編にあたる本です。
1のときは「気合の入った本が出たもんだなあ」と呑気に鼻くそをほじっていたのですが、今回は私も執筆者として末席を汚すことになりました。

「末席を汚す」という言葉が、これほど的確に当てはまる状況もなかなかあるまいて。
広辞苑で「末席を汚す」を引くと、おそらく今回のことが例文として載っていると思います。

そんなわけで、『演劇の課題2』が出ます!

 
JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

Posted by 松山 立 at 00:24 | | comments(0) | trackbacks(0)

【速報】『演劇の課題2』5月30日発売!
評価:
『演劇の課題』編集委員会
三恵社
¥ 2,160
(2015-05-30)

今日は国民の皆様に重要なお知らせをしなければなりません。

来たる2015年5月30日(土)


『演劇の課題2』

が、三恵社より発売されます。

2011年に出版した『演劇の課題』からはや4年。全国民待望の新刊です。

本屋には今日あたりから長蛇の列ができることと思います。

アップルウォッチが発売されるとき以上の、
ウィンドウズ98が発売されるとき以上の、
エア・マックスが発売されるとき以上の、
ドラクエ3が発売されるとき以上の、

長蛇の列です。ロング・スネーク・ラインとでもいいましょうか。
おそらく強奪事件も発生することでしょう。皆様くれぐれもお気をつけ下さい。

肝心の内容については、続報を待て!

 
JUGEMテーマ:演劇・舞台
JUGEMテーマ:本の紹介

Posted by 松山 立 at 21:30 | | comments(0) | trackbacks(0)

ポローニアスの謎
評価:
W. シェイクスピア
筑摩書房
¥ 713
(1996-01)
コメント:いわずと知れたシェイクスピア戯曲の金字塔。 謎多き主人公ハムレットの正体とは?

妻に聞かれてハッと気づく。
『ハムレット』の謎。というより、ポローニアスの謎。

デンマーク王子のハムレットは、恋人オフィーリアといい感じになっている。
恋人としてどこまで進んでいるかは諸説あり。やったとか、やってないとか。

ところが、オフィーリアの父ポローニアスは「身の程をわきまえろ」「あれは気まぐれだ」とあの手この手でオフィーリアをハムレットから引き離そうと躍起に。
しまいには「今後いっさい口をきいてはならん」と言い出す始末。
口の達者なポローニアスの台詞は、スタート地点から信じられないほどエスカレートしてしまうのが面白いところ。

従順なオフィーリアは父のいいつけを守り、泣く泣くハムレットを拒絶。
そのあたりからオフィーリアの心は壊れ始め、最終的に狂って溺れ死んじゃう悲劇のヒロインなのですが・・・

ポローニアスはどうして娘をハムレットに近づけたくなかったんだろう?
自分の娘が王位継承者と結ばれるのは喜ばしいことではないんだろうか。
考えられるのは、ハムレットの存在を煙たく思うクローディアスの命令であるということ。ポローニアスは直属の部下だしね。

ただ、そんなくだりは戯曲のどこにもないんです。
なんだかハムレットとポローニアスは仲悪そうだな、という雰囲気は最初から漂っていて、いつのまにか納得してしまう。

そりゃもちろん、恋人同士がうまくいかない方が芝居は面白いんだけど・・・

何度も読んでる『ハムレット』。演じたこともあるのに。

ふーむ、なぜだらう?

JUGEMテーマ:演劇・舞台
JUGEMテーマ:本の紹介

Posted by 松山 立 at 13:21 | | comments(0) | trackbacks(0)

ショットガン・マリッジ


接骨院で電気をビリビリ流されてる間、阿刀田高の『シェイクスピアを楽しむために』を読む。

有名な話ですが、シェイクスピアはできちゃった結婚。

できちゃった結婚のことを「ショットガン・マリッジ」と英語でいうそうだ。
 

ショットガンつきの結婚。聞きなれない言葉だが、
「うちの娘をどうしてくれる!腹を大きくさせて」
と、父親が娘の恋人にショットガンを突きつけ、
「すみません、結婚します」
このケースをこう呼ぶらしい。



有無を言わせぬ感じがする。
いい言葉だ。

JUGEMテーマ:本の紹介
 

 

Posted by 松山 立 at 08:54 | | comments(0) | trackbacks(0)

シェイクスピアとグローブ座
評価:
アリキ ブランデンバーグ
すえもりブックス
---
(2000-07)

 絵本だからとあなどるなかれ。
ほんとに10分でわかる(気がする)シェイクスピアとグローブ座の物語。

文と絵 アリキ
訳 小田島雄志
Read more ?

Posted by 松山 立 at 18:25 | | comments(0) | trackbacks(0)

知性はどこに生まれるか ダーウィンとアフォーダンス
演劇ではずいぶん話題になったアフォーダンス理論で今さらですが、「表現すること」にも同じことが言えるのではなかろうか。


あらゆる識別行為が探している意味は相当たってからでなくては知覚者自身にも「ああそうだったのか」と自覚されない。しかし行為はまだはっきりとしていない意味を確かに知っている。知覚が先で説明は後からやってくる。p.120

Posted by 松山 立 at 21:15 | | comments(0) | trackbacks(0)

忘れ物からモダンダンス


ある日、職場のデスクにこんな本が置かれていた。

『知っておくと便利なモダンダンスABC 改訂版』
編集:彩の国さいたま芸術劇場

誰がどういうつもりで置いてったのかまるでわからない上、まったく身に覚えがない。

Read more ?

Posted by 松山 立 at 20:17 | | comments(0) | trackbacks(0)

BORN TO RUN 走るために生まれた
「走りかた」ではなく、「走ること」そのものの意味を問うノンフィクション。
人間は走ることなくしては生存できなかった。そのルーツにまで遡る。

Posted by 松山 立 at 10:07 | | comments(0) | trackbacks(0)

シェイクスピアについて僕らが知りえたすべてのこと
シェイクスピアを研究するということは、そのこと自体がドラマとなる。これは必読の入門書であり、シェイクスピアという名の底なし沼へといざなう禁断の書でもある。

Posted by 松山 立 at 20:37 | | comments(0) | trackbacks(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Recent Entries

Categories

Links

Archives

Recent Comments

Profile